うたのむこう

違和感をよく感じて生きています。これだ!って気持ちを大事にしたい。

敬語を自己演出の道具にするには「敬度」の視点が欠かせません

 

敬語とは:相手との距離感の演出→自分の演出

 「敬語」というと、「相手を敬うため」「相手に失礼のないように」というお相手の「大切にされたい」「尊重されたい」という気持ちを満たすため、ということをまず思い浮かべるのではないでしょうか。それと同時に、自分が礼儀や礼節をわきまえているかを示す側面も持っています。たとえば……

 

  • 帝国ホテル:格調高さを演出するための敬語
  • 叶姉妹:上流階級、セレブであることを示している
  • 美智子さま:身分が高いから敬語をお使いになる

 

 このように、「相手を高め自分も高める」という作用のある敬語ですが、他にも、「距離感の演出」や「公的な場所であること」を示すためにも使われます。

 

敬語にすればいいはダメ。距離を読み取る心があってこそ敬語が生きる

 以下の5つの文例、どれが正しい敬語か分かりますか?

 

  1. 持ってちょうだい
  2. お持ちいただけますか?
  3. お持ちになっていただけますか?
  4. お持ちになっていただけますでしょうか?
  5. お持ちになっていただけませんでしょうか?

 

 答えは、2~5が敬語ですが、「持ってちょうだい」に対して一つの正しい敬語があるのではなく、4つの正しい敬意表現があります。それぞれ違うニュアンスを持ち、違う場面で使われるため、一つに統合されずに4つの言い回しが残っているのです。

 

 たとえば、社長に対する新入社員の言葉だった場合は「2. お持ちいただけますか?」では「軽い・距離感が近すぎる・ナメられている」と社長に思われるかもしれません。この時に適切なのは「5. お持ちになっていただけませんでしょうか?」であることがお分かりかと思います。

 一方で普段から関わりのあるひとつ上の先輩に対する言葉だったら「5. お持ちになっていただけませんでしょうか」では「急によそよそしいな、何か気に障ることしたかな?」と先輩は思ってしまうでしょう。この場合に適切なのは「2. お持ちいただけますか?」です。

 

 このように、自分とお相手の関係性によって適切な敬語は変わります。その敬語の度合いを「敬度」といいます。

 

 上記の例では「2. お持ちいただけますか?」が一番敬度が低く、数字が大きくなるに従って敬度が高くなっています。ここでポイントになるのは、2~4が敬意表現であるにしても突き詰めれば「持ってちょうだい」といっているのに対して、「5. お持ちいただけませんでしょうか?」になると持つか持たないかはお相手の意思に委ねられます。否定疑問文にすることによってお相手の行動を強制しないというお気遣いにつながっています。この心持ちが最上級の敬語のあり方です。

 

 

敬語の作り方と敬度の関係

 敬語の種類についてはお分かりの方も多いと思いますが、ここでは「敬度」という切り口を用いて、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」をご紹介します。

 

尊敬語

 目上の方を言い表すときに使われます。作り方は大別して以下の5つです。

作り方1:動詞に「れる」「られる」をくっつける

 話す→話される/来る→来られる

作り方2:動詞に「お~になる」をくっつける

 話す→お話になる/出席する→ご出席になる

作り方3:動詞に「お~なさる」をくっつける

 話す→お話なさる/出席する→ご出席なさる

作り方4:動詞に「お~くださる」をくっつける

 話す→お話くださる/出席する→ご出席くださる

作り方5:動詞を特定の言葉に置き換える

 言う→おっしゃる/来る→いらっしゃる

 

 この5つの作り方、1から5に行くに従って敬度が高くなります。「話される」「来られる」「帰られる」など「~れる」「~られる」を使って敬語にするなど、お決まりのパターンがあるものほど手軽ですが、その分敬意表現としては軽くなってしまいます。反対に、ひとつひとつ言い換えの形を知っておかなくてはならないという教養を求められるものほど最上級の表現となります。

 

 

謙譲語

 相手が高く自分が低いという距離感を演出します。そのためにⅠお相手を高める方法と、Ⅱ自分を低める方法があります。順に作り方をご紹介します。

 

謙譲語Ⅰ:お相手を高める

作り方1:「お/ご~する」

 話す→お話する/案内する→ご案内する

作り方2:「お/ご~いたす」

 話す→お話いたします/案内する→ご案内いたします

作り方3:「お/ご~申し上げる」

 話す→お話申し上げます/案内する→ご案内申し上げます

作り方4:特定型

 合う→お目にかかる/見る→拝見する

 

 敬語と同じくこちらも、数字が大きくなるに従って敬度が高くなります。

 

 

謙譲語Ⅱ:自分を低める

作り方:特定型

 します→いたします/言う→申す/行く→参る

 

 こちらは謙譲語かどうかという違いしかありません。

 

 

丁寧語

 物事を丁寧に言い表すために使われます。敬意の観点でいえば「あまり敬意は含まれない」ものです。「です」「ます」「ございます」などがこれにあたります。最上の敬語が必要なときには、尊敬語や謙譲語を用いた表現で言い換えられるならばそちらに言い換えます。

 

 

敬度は揃えて使うべし

 ざっと「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の敬度についてご紹介しました。敬度が高い敬語を使えば丁寧になるということではなく、お相手と自分の距離感にそぐった敬度を用いることが大切です。また、お相手に用いる敬語の敬度がバラバラになることも避けなければなりません。

 

 以下に、私の主観で、「お相手のことを言い表す動詞(=尊敬語)」「自分のことを言い表す動詞(=謙譲語)」「文末(=丁寧語)」の敬度一覧表をご用意いたしました。

f:id:utauusaki:20160605201418p:plain

 文末の欄の敬度が高いところは空欄にしています。ここは、他に言い換えの言葉があるならそれを優先し、なければ「ございます」を使うという感覚です。このように全体的に、「だいたいこの辺り」ということを示しただけの表ですが、ご参考になりましたら幸いです。

 

 また、よく使う表現の敬度についてもご紹介します。

f:id:utauusaki:20160605201429p:plain

 「すみません」がさまざまなシーンに多用されている昨今、「ごめんなさいが言えない」などという風潮がありますが、「ごめんなさい」は敬語ではありません。「申し訳ありません」「申し訳ございません」と言えるようにしましょう。

 

 

文末の敬度は気づきやすいのでご注意を

いつもお世話になっております、○○でございます。

本日は、楽しい時間をありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。 

 

こちらの文章、丁寧に書かれているのですが1点不釣り合いな表記があるのにお気づきですか?

 

それは、最後の「よろしくお願いいたします」の部分です。

それまでは、「ございます」「申し上げます」とできうる限り最上の敬語を用いているのに対し、「いたします」は一つ格落ちしてしまっています。この場合は

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

と締めくくると敬度のバランスが取れます。

 

 

おわりに 

 社会人になりたての頃はとにかく敬語を使わなくては!と、学生時代には接しなかった言葉をどんどん取り入れて文章を作成したものです。知っているところを一つずつ敬語に置き換えて文章を作っていました。今でも、一文の中で「いました」と「おりました」をはじめ、敬度がバラつくことが多くあります。私的な文章ではそれもまたいいかな、と思い敢えて敬度を揃えないこともありますが、きちんとした場に出す文章に関しては敬度を揃えることを心がけています。

 敬度がバラバラの文章は公的な雰囲気を醸し出せないということ、加えて「敬度を揃えるという視点」を持って使いこなしている方にとっては、気になってしまうものだからです。逆に、敬度まで心配りのある文章に出会うととても嬉しくかんじていただけます。

 ぜひ、お相手と自分の関係性から敬度を定め、その敬度を軸に文章をまとめるということを行ってください。