読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたのむこう

違和感をよく感じて生きています。これだ!って気持ちを大事にしたい。

自信と確信

かんがえ

自分がしっかりしていないと何もできないと思う。

 

人をおもんばかること

何かを想像すること

人に何かを伝えること

信頼を築くこと

 

どれも自分あってのものだと思う。

 

 

<自分がしっかりしている>というのがどういう状態かというと

己を知り、軸を持ち、ただ一人で立つことができることだと思う。

 

合唱でいうと、隣の人が歌えていなくても、きちんと音楽が出来るような状態。

当たり前だけれど、とっても難しいこと。

 

 

それにおいて大切なのは、自分をしっかり持つこと。

自分を知り、思いを信念に育て、それに沿って自分を意識すること。

<自信>とかって言葉が充てられるそれ。

 

言葉面の問題ではあるが、私は<確信>という言葉が好きだ。

 

<自信>は行き過ぎると過信になる。

というような恐れがあって、私はひたむきに<自信>を持つことができない。

そして、頑なさを感じてしまう。

 

それよりは、

ただあるということ。存在している状態。

状況を受け入れるような<確信>が好き。