うたのむこう

違和感をよく感じて生きています。これだ!って気持ちを大事にしたい。

敬語を自己演出の道具にするには「敬度」の視点が欠かせません

敬語とは:相手との距離感の演出→自分の演出 「敬語」というと、「相手を敬うため」「相手に失礼のないように」というお相手の「大切にされたい」「尊重されたい」という気持ちを満たすため、ということをまず思い浮かべるのではないでしょうか。それと同時…

言葉はそのままでは信じられないから、私なりの公式をもって読み解いてるよ

〈丸く、整った人間になぞ、なりたくない〉 私は偏った人間であることを自覚している。 そして、それでいいと思っている。 社会に望まれた、人当たりのよい、まあるい人間になぞ、ならなくていい。 去年の7月の私が書き残したメモ。 精一杯の強がりが綴られ…

多くの相談が「うん、それで」で終わる環境がプロジェクトにとって最高の状況かも

何かを相談したり、承認をもらうとき「うん、それで」が一見そっけなく見えて最高の状況でないかと思います。 私は、あるところではプロジェクトを支える立場であり、 あるところではプロジェクトを仕切る立場にいます。 集団で進めるからには、大きな問題か…

笑い顔じゃありません、必要なのは笑顔です

笑顔って大事。笑顔ができればそれだけで「すごい人」って言われるようになります。 私、もともと面白くないのに笑うのも大嫌いだし、外見より中身だ!内容大事!と思っていたのが、振り子が揺り戻るように最近「伝え方大事!外見大事!」と思うようになりま…

完璧症候群に罹患しています

気づいてしまった。 抜けた、と思ってたけど、まだこの軸は残ってる。 「完璧かどうか」 「この反応はお相手にとっての最高評価なのかどうか」 気にしてる。気になってしまう。 私の向上心はここを起点にしてるし、気に入ってる軸なんだけど、それと良い悪い…

マナーの世界のお気遣いって、形じゃなくてルールが決められている

習い性となるといいますが、マナーのお教室に通い始めてからの3年で、「お気遣い」について考えることが多くなりました。 お気遣いの形って人それぞれだから押し付けになってしまうこともあります。お気遣いをしたのに、お相手にお気遣いと受け取ってもらえ…

マルクスの『しくじり偉人伝』にみるプレゼンにおける型の設定

噂になっていたので、マルクスの『しくじり偉人伝』を視聴しました。 しくじり先生 俺みたいになるな!!|テレビ朝日 2016年5月2日(月)放送『人類に夢を見せるだけ見せて大パニックを引き起こしたカール・マルクス』 オリラジの中田さんが、マルクスがいま…

友達へのLINEはハイコンテクストだった

昨夜のブログは、友人宛のLINEメッセをリライトしたものでした。 新社会人になって、「職場で誰を頼りにしたらいいのかわからない」って言ってた友人に、もしかしたら参考になるかも!と思って、気づいたことを報告したのが元。 ちょっと手直ししたらブログ…

新しい武器を手に入れた。「一手間かけて情報を編集する」

仕事場にて、今日ふと。 立場が上の人AさんとBさんがいるとき、「Aさんが求めてくるもの」と「Bさんが求めてくるもの」は違う。程度の差こそあれ、全く同じなんてことはあり得ない。 そんなとき、「Aさん軸」と「Bさん軸」を持って、Aさんよりにするか、Bさ…

合唱とアンサンブル。アンサンブルは効率が悪い。

私は、こだわって「アンサンブル」をしています。合唱にはない力があるから。そして、そこが好きだから。 合唱もアンサンブルも、歌い手としても伝える立場としても、長年経験を積んできました。 やっぱり、合唱よりアンサンブルのほうが難しいです。 合唱を…

歌詞を紐解く

大切な曲を歌うとき、その歌詞の意味を紐解く作業をします。自分なりの作業。「空」とあれば、その天気は?時間は?時代は?雲のところまでか?宇宙まで見ようとしているのか?などと考えます。中学高校生の頃はこの作業に意味を見出せませんでした。解釈が…

「日本語だけど違う言語を話しているみたい」昨日私はこう話した

私は心の中で人を、話しやすい人と話しにくい人とに2分している。 それは、少し込み入った話をすればすぐにわかってしまう。 人間には第六感があるという。 明確に意識はしていないが、経験則から脳が無意識に感じ取るのだという。 私は「第六感」に信頼を…

詩を書く―なぜ私は詩をつくるか (詩の森文庫) 作者: 谷川俊太郎 出版社/メーカー: 思潮社 発売日: 2006/03 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (15件) を見る この本の中で谷川俊太郎さんは、ある言葉について語るという事をして…

「劣等生」と、うた

「劣等生」が半数を超えた日本の教育現場 : 人類応援ブログ 「ドラゴン桜」が書かない本当の日本の底辺 : 人類応援ブログ 私には、衝撃すぎる内容でした。 「最底辺」を意味するものが 長時間鉛筆が持てないことや 中学生になって2桁の計算ができないこと …

ゴジラ

音で怪獣を描いた男 ~ゴジラ vs 伊福部昭~ http://www4.nhk.or.jp/P3196/26/ タイトルに惹かれて視聴しました。 ゴジラの映画を見たことのない私でも、”ゴジラのメロディー”は幼いころから知っていました。 幼稚園の頃に、友達とピアノを一本指で弾き「ご…

自分本位な部分

渋谷駅では精神に問題を抱えているのが見て取れる方を、時折見かけます。今日見かけた方は、誰にというわけでもなく怒鳴りながら、ぐるぐる行ったり来たり。待ち合わせ相手を待って立っている私の前にもその方はいらっしゃいました。私はその方を視界に入れ…

発声の本質と基本形

プロトコールのルールと本質 各国の代表が集まる晩餐会では、プロトコールというルールが存在します。序列や服装、テーブルマナーなど多くの範疇にわたり明確な決まりがあります。 ただし、それはあえて破られることもあります。どこかの国で、フィンガーボ…

合唱の発声に感じるひっかかり

発声と声だし 合唱での発声は、誰かが音頭を取って行われることが通常です。今まで何人もの発声を見て(受けて)きましたが、あるひっかかりがあります。 ひっかかりというのは表面的には、発声が声だしでしかないように感じられること。 自分自身との身体と…

歌の指導はイメージ先行でいいのか

イメージ先行の指導 歌の指導において、理論は言外に置かれイメージが先行している場面によくでくわす。 「腹式呼吸でなぜお腹が膨らむのか?」 「正しい姿勢はどういう姿勢?」 何年も歌っている方たちに投げかけてみても、自分の言葉にすることが出来ない…

寝た姿勢での発声について

解剖学の本を読んでいます。 図の一つに、横隔膜の位置というのがあった。 立った姿勢、寝た姿勢それぞれの 息を吐いたときの位置と吸ったときの横隔膜の形が示されていた。 息を吸った時も吐いたときも 立った姿勢に比べ、寝た姿勢の方が、 横隔膜は全体的…

自制心っていう言葉

私は、<自制心>という言葉が苦手だった。 自分を抑えろ、出しゃばるな、他者を考えろ、そういわれている気がするからだ。 気ままを愛し、物事を歪ませることが嫌いな私には どう対処していいかわからない言葉のひとつなのである。 今日、ある説明会の途中…

音楽は変化を楽しむもの

指揮者が大きく!という指示を出す。 すると合唱が、厚みを持って鳴る。 これは、つまらない。 もうひとつ、音色の変化というスパイスが欲しい。 指揮を見て観客も、次に大きくなる!と知覚する。 その予想の上をいってほしいのだ。 合唱の指揮は観客にもわ…

<奇抜>と<独特>の違いを一言で示すと

今日テレビから耳に飛び込んできた文章のかけらが印象的でした。 <unusual / 奇抜な> と <unique / 独特な> <unique>には普遍的な価値があると述べていた。 そして<unusual>と混同されやすいと言っていたように思う。 確かにと頷くわたし。 しかし・…

自信と確信

自分がしっかりしていないと何もできないと思う。 人をおもんばかること 何かを想像すること 人に何かを伝えること 信頼を築くこと どれも自分あってのものだと思う。 <自分がしっかりしている>というのがどういう状態かというと 己を知り、軸を持ち、ただ…

自分に誠実であることは、人を恨まない道ではないか

人は期待を抱く生き物もので、 脳は自分の都合にあわせて現実を曲げて受け取るもの。(それができない人が精神のバランスを崩すのだそう。) だから、 自分と他者を同一でないものであることを忘れがちになる。 だからお互い会話をきちんと把握していても「…

便利の対価は<私>?

今日、電車での帰宅途中に非常サイレンが鳴った。 数分間耳につく音が鳴りっぱなしだった。 帰宅時間で乗客率は120%くらい。 多くの人はサイレンが鳴り始めた驚きに顔を上げた。 その後は変わらず携帯を見つめている人が大半だった。 その中にあって、私は…

<あなたのために>という皮

私はコミュニケーションが得意な方ではないし、知り合いが多いわけでもない。 しかし友達はそこそこいる。 人と語り合うのがとても好き。だから人も好き。 けれど、苦手な人はトコトン苦手です。 <あなたのために>という皮を常用する人。 この時代、言葉の…

言葉で考えるか、感覚で考えるか

この前妹と話していた。 地元に住んでいたころは、会話のなかで視点や話題がぽんぽんと移っていくことが当たり前だった。そこは発想や刺激に溢れていた。言葉や短い会話のうちに、その裏にどういう背景があるのか読み取る力が長けている人が多かったのだろう…

「ありがとう」の行く先

コンビニに行く。するとだいたい「袋はご利用ですか?」と聞かれる。この時期は「冷たいものと温かいものは分けますか?」と聞かれる機会も増える。 私はビニール袋をいただくこともあれば辞退することもある。冷たいとのと温かいものを分けてもらうことも、…

お別れ会

三善晃先生のお別れ会へ行ってきました。 もちろんお会いしたことなどありません。またあまりに若輩なため場違いだと思いつつ。 けれども『どなたでもご入場いただけます』という一文を見て、行かなくてはと思った。 恥をしてでも得るべき体験だと。 お人柄…